命名式で使う命名用紙、どこで入手できるの?頼めるの?

命名式に命名用紙は必須です

赤ちゃんの大事な名前をお披露目する命名式。生後7日目のお七夜に名前を披露することが多く、その時には赤ちゃんの枕元に「命名書」を貼ります。命名書は、赤ちゃんの名前のほか、生まれた日や両親の名前も書きこむのが一般的、そして、筆で書きます。今では、筆ペンやサインペンで書く方もいるようですが、ここは落ち着いて墨をすって、気持ちを込めて名前を書いてあげたいものですね。お七夜の記念写真には、命名書も赤ちゃんと一緒に写しましょう。

命名書は誰が書いてもいいの?

命名は日本では一般的に父方の両親の意向をくんで行われることが多かったことから、父方の祖父が命名書を書くことが伝統的です。しかし、現代では、核家族化も進み、また名前も両親で決めることが多くなっていることから、お父さんもしくはお母さんが書くことが多いようです。お母さんの方が字が上手だから書いて!ってことでももちろんOKです。記念に残ることから、親戚で上手な方や書家の先生にわざわざ依頼して書いてもらうこともあります。

命名書はどこで入手できるの?

正式には奉書紙を使いますが、最近では文房具店などで、命名用紙が販売されています。そこには鶴亀のお祝いの絵や、かわいいイラストなども添えられているタイプもあり、また簡単に書き方の説明も同封されていることが多くあります。たいてい、数枚同封されていますので、1枚失敗しても大丈夫!奉書紙や命名用紙が入手できない場合は、書道の半紙でも構いません。最近ではWEBでフォーマットがダウンロードできたりもするので、もちろん普通紙でも構いません。その時には和紙のように墨を吸わないので、扱いには注意してくださいね。

姓名判断はインターネットなどでも無料で出来ますがとても難しいものです。子供の名づけには専門家に依頼する事がよいです。