廃車ってどうやってするの!?廃車の3つの手続き方法

永久抹消登録について

車が古くなってしまったので廃車の手続きがしたい、と思っても、実際どうやったらよいのかわからないものですよね。廃車の手続きについては、永久抹消登録と一時抹消登録、そして解体届出という3種類の手続き方法があります。どの手続きも陸運局でやりますが、このなかの永久抹消登録というのは、事故や水没してしまって使えなくなった車や車検切れでもう乗れない車を解体して、もうこの車には乗らないという届け出をするものです。車は持っているだけで税金がかかるので、使えなくなった車は早めに永久抹消登録をしておきたいところですね。

一時抹消登録とは何か

もう使わなくなった車の登録を完全に消し去ってしまうことを永久抹消登録といいますが、一時抹消登録は字義通り一時的に登録を抹消しておくための手続きということになります。一時抹消登録は、たとえば自分が病気やけがをしてしまって、長期入院することになったというような場合、前述のように車は持っているだけでお金が買ってしまうので、一時的に登録を抹消して自動車税などをかからないようにすることができる廃車手続きの一種です。

解体届出とはどういうこと

解体届出というのは、車をもう二度とつかえないように解体する手続きのことです。これはいわば永久抹消登録と性質的には変わらない手続き方法ですが、永久抹消登録との違いとしては、車を解体する順番が変わってきます。永久抹消の場合は、すでに解体してある車について、登録を抹消するという解体返納手続きですが、解体届出というのは、まだ乗ることができる車について、解体を頼んで、その上で抹消手続きをするというやり方ということになります。

千葉の廃車であれば事故車など動かない場合でも全国に出張の対応で費用も掛からないで利用してみると良いです。