産まれてくる赤ちゃんに素敵な名前をあげるために

命名にもルールがあります

赤ちゃんが産まれたら、出生届に名前を記入しなければならないのですが、命名にはルールがあります。戸籍法第50条に「子の名前には、常用平易な文字を用いなければならない」とあり、名前に使って良い文字はひらがな、カタカナの他に常用漢字2136文字と人名用漢字985文字の合計3121文字に限られています。しかし、読み方に制限はありませんし、名前の長さにも制限はありませんので、かなり自由に名前を考えることが出来ます。また、出生届には提出期限があり、出生当日を含めて14日以内となっています。提出先は、父母の住所地もしくは父母の本籍地の役所、子を出生した病院の市区町村の役所、旅行中や里帰り出産の場合は滞在地の役所にも提出出来ます。

いろいろな名前の決め方

名前は人が一生背負って生きていくものですから、どんな名前にしようか親は一所懸命に悩むものですよね。一般的に多い名前の決め方としてあげられるのは、親の名前から一文字もらう、姓名判断で決める等のようですが、最近ではインターネットのサイトや専用のアプリを利用して決める人も多いようです。また、その年に活躍したオリンピック選手や大河ドラマの主役を演じた俳優や女優の名前にあやかる人も沢山いるようですし、元号が変わった初期には元号の漢字を名前に用いる傾向があるようです。

命名に関する言い伝え

命名に関する古くからの言い伝えでよく知られるものとして、親から一文字もらうと親を越えられない、や漢字一文字の名前は良くない、といったものがありますよね。前者は、戦国時代に君主が自分の名前を家来に与えた事に由来し、その行為には主君に忠誠を誓い、出し抜くなという意味があったそうです。後者は過去の凶悪犯罪者に漢字一文字の名前が多い、また植物の漢字一文字は長生き出来ないといった事等に由来するようです。しかし、親の名前を受け継ぐ事には父親を敬い、家の存続と繁栄を願う意味もありますし、漢字一文字であったとしてもその一文字に親の想いが込められているなら、それで充分ですよね。言い伝えを守るのも大事かもしれませんが、命名で一番大切なものは、子供を想う家族の気持ち、子供の幸せを願う家族の気持ちでしょう。

命名とは、親が我が子に名前を付けることを指します。「親から子への最初のプレゼント」といわれています。