命名式で使う命名用紙、どこで入手できるの?頼めるの?

命名式に命名用紙は必須です

赤ちゃんの大事な名前をお披露目する命名式。生後7日目のお七夜に名前を披露することが多く、その時には赤ちゃんの枕元に「命名書」を貼ります。命名書は、赤ちゃんの名前のほか、生まれた日や両親の名前も書きこむのが一般的、そして、筆で書きます。今では、筆ペンやサインペンで書く方もいるようですが、ここは落ち着いて墨をすって、気持ちを込めて名前を書いてあげたいものですね。お七夜の記念写真には、命名書も赤ちゃんと一緒に写しましょう。

命名書は誰が書いてもいいの?

命名は日本では一般的に父方の両親の意向をくんで行われることが多かったことから、父方の祖父が命名書を書くことが伝統的です。しかし、現代では、核家族化も進み、また名前も両親で決めることが多くなっていることから、お父さんもしくはお母さんが書くことが多いようです。お母さんの方が字が上手だから書いて!ってことでももちろんOKです。記念に残ることから、親戚で上手な方や書家の先生にわざわざ依頼して書いてもらうこともあります。

命名書はどこで入手できるの?

正式には奉書紙を使いますが、最近では文房具店などで、命名用紙が販売されています。そこには鶴亀のお祝いの絵や、かわいいイラストなども添えられているタイプもあり、また簡単に書き方の説明も同封されていることが多くあります。たいてい、数枚同封されていますので、1枚失敗しても大丈夫!奉書紙や命名用紙が入手できない場合は、書道の半紙でも構いません。最近ではWEBでフォーマットがダウンロードできたりもするので、もちろん普通紙でも構いません。その時には和紙のように墨を吸わないので、扱いには注意してくださいね。

姓名判断はインターネットなどでも無料で出来ますがとても難しいものです。子供の名づけには専門家に依頼する事がよいです。

新婚旅行をもっと楽しむことが出来るオプショナルツアー!

オプショナルツアーで出来る事

オプショナルツアーは、非常に多くの旅行会社が提供しているプランであり、参加することによってより旅行を楽しむことができます。普通のツアーとは別に料金を支払って参加できるプランであるために、参加しなくても良いのですが思い出に残したいと思っている人には必須なツアープランですよ。普通のツアーは時間がなくて要所を回ることができなかったりするのですが、オプショナルツアーは満喫できるまで観光地を回れるために、非常に便利ですね。

新婚旅行で人気のあるオプショナルツアーとは

新婚旅行は、夫婦になって初めて旅行するということもあって特別な場所に行くということが多いのですが、中でも人気のあるオプショナルツアーはマリンスポーツを楽しむことが出来るプランです。こちらのプランは、ハワイやタヒチ等海が有名な地域に旅行に行った際に出来るツアープランであり、ダイビングなどを楽しむことができます。普通のダイビングと違うのは、イルカやジュゴンとの遊泳をすることができるということであり、ツアーの醍醐味となっていますよ。

美術館巡りができるオプショナルツアー

ヨーロッパに新婚旅行に行くという人は多く存在しているのですが、ヨーロッパに関しては、芸術の都と言われるほど美術館などが立ち並んでいます。旅行のツアープランには、美術館を巡るプランもあるのですが、滞在時間が短かったりするために楽しむことができません。しかし、オプショナルツアーですと、一つの美術館だけではなく複数の美術館を満足いくまで滞在することができるために便利であり、参加して損することはありませんよ。

魅力的なオプショナルツアーを探している場合には目的地や料金に合わせて決めることが出来る専門サイトを使うと便利です。