時代が変われば、あらゆる人間の価値観が変わります。

今の移動販売車は、美味くて安全。

ラーメン・メロンパン・ピザ・焼き芋・果物などを販売する移動販売車を田舎の我町でも度々見かけることがあります。一昔前まで移動販売車といえば、テキ屋の仕事で、怒らせると怖い存在でありましたが、今の移動販売車は、店舗開業資金を稼ぐ為の手段で行っているものが多く、いずれは一国一城の主になることを目標に頑張っているので、消費者としても応援したくなり、ついつい購入してしまいます。どの移動販売車も、消費者を満足させるだけのクオリティがあります。

移動販売車の店員さんは大丈夫?

移動販売車といっても、警察や土地所有者に許可を得て商売を行っています。昔ながらの移動販売車(ラーメン・焼き芋など)のテキ屋?暴力団の人は、この現状をどう思っているのか気にはなります。ショバ代などを徴収しているのか、見えないとこでヤキをいれているのかは分りませんが、販売員さんのスマイルを見ているとそんな感じでもなさそうです。暴力団の人でも、軽自動車に乗っていれば、一見優しい顔の方もいるので、もしかしたらスマイルを見せている移動販売車の店員さんの背中には刺青があるなんてことも?

金儲けに聖域はありません。

移動販売車の中には、独立開業でロイヤリティを支払いながら運営している方もいます。つまり、ロイヤリティが現在のショバ代というわけです。ショバ代を支払わなければ、移動販売車の使用は禁じられ、債務不履行で契約解除になります。暴力団の世界も、ソフトヤミ金や売春など、人当たりのいいシノギを生業とすることがスタンダードになりつつあります。暴力団は一般社会に傾向しつつあり、堅気(一般人)が暴力団が行う仕事に傾向しつつあるので、モラルハザードに注意する必要があります。

移動販売車は店舗・人件費・光熱費がほとんど掛かりませんので、効率的に売り上げを伸ばす事が出来るでしょう。